TOP photo Movies news LINK 募集 ランキング 通販 掲示板

お問合せ

ヒロインといっしょ!
ヒロインニュース
本編の約70%はアクションシーン?「不知火」

みしまきお体当たりアクションのノンマスクヒロイン!

「不知火」  登場するヒロインは全て本職のスーツアクトレスやアクション女優という、アクションにこだわりまくった「不知火」が登場。 アクション・スタントのプロ集団「アクションチーム隼」代表の芦沢剛氏が、様々なヒロイン作品に参加する中で「自分ならこういう話で、こう撮りたい」と思ったのをきっかけに制作されたノンマスクのアクションヒロイン作品です。 芦沢氏は、程小東監督の香港映画や大河ドラマ、河崎実監督「恋身女子戦隊パティーズ」などに関わってきたという経歴の持ち主。 そのキャリアだけでも、「不知火」のアクションシーンのレベルの高さを予感させます。

 物語の舞台は「神隠し伝説」が噂される孤島。 時には女子高生、時には黒衣のゴシックロリータと姿を変え襲いかかる「怪異な妖女」と、「男装の美女&キュートな美少女」の謎めいた二人組との戦い。 そして、スクープを求めて島に降り立ち、戦いに巻き込まれる三流ゴシップ誌の記者・ミヤビ…。 全編謎だらけの本作は、なんとその約70%がアクションシーンで構成されており、しかもそのすべてが役の本人によるもの。 見所は、香港映画テイストのワイヤーアクションや、ミニスカートでハイキックを決めたり、かつがれて側転したりといった他にはない激しい立ち回りということですが、そのスピーディーなアクションのキレは、さすが本物! といった格好よさ。
「不知火」 「不知火」 「不知火」
 芦沢氏にアクションへのこだわりを聞いてみました。 「アクションはリアルを追求したつもりです。 『女の子らしいヘナヘナパンチやキック』は排除し、かといって『やたらグルグル宙返りしたり、 パシパシただパンチやキックを出すだけ』のアクションではなく…。 なんというか、汗とか息づかいが伝わるようなアクションを目指しました」

「不知火」  配役に関しては? 「出演者は、キャラクターショーやインディーズ、メジャーのヒロイン作品でスーツアクトレスやスタント ウーマン(アクション女優)として活躍している方のみに限定して、ひとりひとり口説いて回りました。 花田奈美さんは、皆さんにもうお馴染みだと思うのですが、花田さん以外にも、花田さんみたいな 『カワイクて、カッコよくて、アクションもお芝居も出来る』スーツアクトレスやスタントウーマンのかた は、実は大勢いらっしゃいまして…。 普段『マスク』や『吹き替え』といった形で影に隠れているそういった方々の『実はこんなに魅力的なん だよ』という所をぜひ見て貰いたくて、配役にこだわりました」

 業界関係者や実際に購入した方からは好評だという「不知火」、気になる今後の展開は? 「3月頃完成を目指して、次作の企画をしています。 実は『不知火』の主役の女の子が、撮影完了の翌日、 仕事のスタントで怪我をしてしまい…。 彼女が復活する迄『不知火』の続編は封印して、 別内容の、今度は不知火より長い作品を作るつもりでいます。 基本的には『不知火』のような、ノンマスクヒロイン、役本人がガチンコアクション路線で、ピンチシーンや、ちょっとドキっとするシーン? も盛り込むつもりです。 不知火とはまた違った、SFっぽい内容で…。 タイトルは、仮称ですが『紅』といいます」

 最後に芦沢氏より一言! 「『不知火』は、11分という短い作品ですが、その短い時間に目一杯、女の子の魅力とアクションの迫力を詰め込んだ自信作です! 是非ぜひ一度、ご自身の目でお確かめになってください!! インディーズ作品では、なかなかノンマスクヒロイン・アクション作品がまだ生まれていないように感じますが、不知火製作委員会は”かっこ良くて、可愛くて、色っぽくて…激しい! ”作品を作り、この分野でのパイオニアになっていきたいと考えています! よろしくお願い致します!」。 販売店については、「不知火」公式サイト(http://www.shiranui.biz/)をご覧ください。 また「ヒロインショップ」でもお求めいただけます。(2005.02)

★「不知火」
監督:芦沢剛
出演:田原英子・花田奈美・徳森妃・六車和子 他
製作:不知火製作委員会
http://www.shiranui.biz/
戻る
 
(C)Copyrights Heroine Media All rights reserved.