TOP photo Movies news LINK 募集 ランキング 通販 掲示板

お問合せ

ヒロインといっしょ!
ヒロインニュース
新ヒロイン続々登場!「なごや特撮自主映画ヒーロー列伝」

みしまきお「聖巫大戦カンナギランス」&「輝央-kio-」

「なごや特撮自主映画ヒーロー列伝」  去る9月26日に名古屋市西文化小劇場で開催されたアマプロ主催「第3回なごや特撮自主映画ヒーロー列伝」。 続々と大型台風が上陸する中、開場時には雨も降らず、日程は予定通りに終了。 上映作品も好評だったそうです。

 今回のメインはヒロインムービーということで、 各団体の作品の上映は勿論のこと、アマプロの新ヒロイン作品プロローグ上映、映遊クラブの新作ヒロイン初登場・・・と、まさにインディーズヒロインムービーの最先端イベントとなりました。

「聖巫大戦カンナギランス」  アマプロの新作「聖巫大戦カンナギランス」は、第1章が来年2月に完成予定。 反応などを見てこれからの方向性を探ろうという狙いから、あえて作品としては未完成の状態のプロローグの上映となりました。

 ヒロイン・水主宮瑞穂役の羽衣さんの感想は、 「思ったよりも撮影が大変だったし、セリフを覚えるのにも苦労しました。 でも、作品を見て面白いと感じてくれた方が沢山いて、あぁやってよかったなぁって思います。 応援して下さる方を励みに、これからも頑張って水主宮瑞穂を演じます」

「聖巫大戦カンナギランス」  「女であることを武器としない」「男に媚びない」「凛として気高い」という3つの要素を備えたヒロイン像をめざす「カンナギランス」。 アマプロを代表するヒロイン「セーラーファイト!」との差別化を図るため、あえて仮面系ではなく素顔を見せるデザインに。

 方向性を探るためのプロローグ上映、また内容的にも物語性を重視し従来のようなオマージュやギャグは押さえるなど、この作品はアマプロにとって実験作と言えます。

 さらに、実験作である「聖巫大戦カンナギランス」とは別に、同時進行で「機動装甲少女アミィ」も来年夏の完成を目標に製作。 こちらははまた違った魅力のヒロインになるそう。 さまざまなタイプのヒロインに意欲的に取り組むアマプロには、今後も要注目です。

 一方、こちらは突然のニューヒロインお披露目となった映遊クラブ。 「アウセンシア・メモリア」上映とシオンの出演のみの予定が、急遽、新作「輝央-kio-」のヒロイン・輝央も会場に登場!ファンを喜ばせました。

「なごや特撮自主映画ヒーロー列伝」  「輝央-kio-」は、静かに暮らしていた天災学者の双樹と彼女が製作した万能オートマタの輝央が、突然現れた謎の男・土門やエージェントAによってさまざまなトラブルに巻き込まれていく・・・というストーリー。

 「初めてみんなの前に出た時、すっごい緊張したけど、みんながよろこんで握手してくれたり、写真撮ってくれたりしたのでものすごくたのしかったです」 と、輝央のスーツアクトレスである凌さんがコメントするように、早くも人気は上々。 シオンとの貴重なツーショットも見せてくれました。

 会場の反応を受けて、映遊クラブの酔狂氏は 「今回、輝央は作品を上映せず、キャラクターを連れてきただけだったので、どんな反応があるか不安だったのですが、キャラはお客さんに好評でひと安心しました。 こうなったら、早く作品を完成させるぞ〜」。 新作「輝央-kio-」は現在製作中。DVDにさきがけて画像集CD-Rが発売されています。

 「作り手と観客の情熱がぶつかり合う瞬間。コレなんだよなあ、自主映画のいいところは。 上映会が終わって、出口で観客の皆さんを見送るひととき。 ああ、今年もやってよかったなあ、上映会。 毎年来てくれてる人、ありがとう。 今年初めて来てくれた人、ありがとう。今年は来れなかった人、来年はきっと来てね」とは主催・アマプロ代表の喜井竜児監督。 第3回も好評のうちに終了した「なごや特撮自主映画ヒーロー列伝」。 次回開催が楽しみです。(2004.11)

★「聖巫大戦カンナギランス」
監督:喜井竜児
出演:羽衣
製作:アマプロ
http://amapro.hp.infoseek.co.jp/
★「輝央-kio-」
監督・脚本:尾崎哲也
出演:凌・清水やすひろ・鬼頭誠
製作:映遊クラブ
http://eiyu.html.tv/
★「なごや特撮自主映画ヒーロー列伝」
主催:アマプロ
http://amapro.hp.infoseek.co.jp/
戻る