TOP photo Movies news LINK 募集 ランキング 通販 掲示板

お問合せ

ヒロインといっしょ!
ヒロインとデート
みしまきお今月は汐月由奈(蝶戦士ジェイナ)さんとデート★

 「ヒロインとデート★」は、毎月各作品のヒロイン達とデートをして、その素顔をお届けするコーナー。
いろんなヒロインと仲良くなるぞ!


汐月由奈さん  記念すべき第1回目のお相手は、「蝶戦士ジェイナ〜Jソルジャー外伝〜」(監督:酒井良一/製作:スクラム・ヘッド)のヒロイン・風宮翔子役の汐月由奈さん。 待合せた時の第一印象は、美少年系・・・というかクール系なのかな? という感じ。

 まずは、自己紹介っぽい話をしながらどっちへいこうかーとふらふらデートスタート。 インテリア系のお店に入ってみたところで、お部屋の好みを聞くと「青系!」 青ならとにかく何でもいいほど青が好きなんだって。 背も高いし、ショートカットで、うん、確かに青が似合いそう! ところで私はショートカットの女の子が好みです。きゅぅぅん。

汐月由奈さん  汐月さんは殺陣もアクションもこなす舞台系の役者さん。「やりたい事とか何も決まっていなかったんです。でも自分が住むのは東京だ!とずっと思っていた」という理由で上京。 なんかすごい、初めてN.Y.に出たマドンナみたいだー。 最初の「クールな」印象とはまるで逆。 話せば話すほど、彼女はアツイ。すごくアツイ。 とにかく舞台が大好きで、30歳になるまでに自分の劇団を持つのが夢。また小説も書きたいそう。「どっちか芽が出たほうで」って笑っていました。

蝶戦士ジェイナ  「ジェイナ」出演のきっかけは、たまたま「バイクに乗れてアクションができる女の子」を捜していた酒井監督に出会ったこと。 汐月さん的には「バイクに乗れてアクションができるならなんでもいい!」と出演を決定。 とにかくそれくらいアクションにはまっていたそうで、劇中のバイクシーンやアクションシーンは全て汐月さん。そう聞くとつい目が彼女の脚に・・・。 もしや傷や痣だらけ? とか思ったら全然そんなことは無く、むしろ歩いているだけなのにすぐに転んじゃう私のあんよのほうがボロボロでしたょ。

 また舞台の脚本も書くという汐月さんだけに、「ジェイナ」に変身する風宮翔子の性格は、 酒井監督が作った家族構成等を元に、演じてみたいキャラクターを提案、自ら作リあげたそうです。 「バスケが友達の孤独な少女」だという風宮翔子。私が「暗い女の子」と言い間違えたら「”孤独”って言ってくださいよー」とつっこまれました。

汐月由奈さん 汐月由奈さん 汐月由奈さん 汐月由奈さん
 特撮作品を見ないで育ったという汐月さん。そんな彼女がバスケの経験、またアクション、バイク・・・とこれまでの自分の引出しをめいっぱい開け、さらに特撮という全く新しい世界に挑むことで誕生したヒロイン「ジェイナ」。その「ジェイナ」への思い入れはかなり深く「ぜひジェイナの次回作を」と何度も何度も口にしていました。せっかく脚本が書けるのだから、次の「ジェイナ」を自分で書いちゃえ! と言ったら、「私が書くと変身しないで話が終わっちゃう。」と。どうしても変身やバトルの方向へ話を持っていけないのだそう。 ちなみに彼女が現在書いている脚本はファンタジーもの。

 まだまだ「ジェイナ」を演じ足りないようなので・・・今ここで「ジェイナ」を演って貰おう! と、通行&人目少なめなテラスで「ジェイナ!(ビシッ!!」っていう感じのポーズをおねだり。 でもやっぱりちょっと照れてる? カワイイ「ジェイナ(はぁと」って感じになりました。萌えておこう。あぁぁ!どことなく「タックル」っぽいルックスの「ジェイナ」なんだし、「電波投げぇー!」とかやってもらえばよかったかも。

汐月由奈さん 汐月由奈さん  
 ウィンドウディスプレイを覗くと、春っぽいグッズでいっぱいです。 「青いから」ということで、この中では青い小物入れが汐月さんのお気に入り。 じゃあ風宮翔子だったらどれが好きそう? 「孤独な女の子なので1人でパズル・・・パズル・・・って感じ。だからパズルかな?」

汐月由奈さん
 残念だけどそろそろお別れの時間。 今日の思い出は、浜名湖の真実を教えてもらったコト(内容は2人の秘密)と、「ジェイナ」について熱弁する汐月さんの横顔。彼女が活躍する「蝶戦士ジェイナ」の登場はもうすぐ。ビデオには彼女のPV(水着もあるらしぃ?)も収録予定なのでお楽しみに!(2004.03)

汐月由奈(せきづき ゆな) サイン&メッセージ
静岡県出身。1978年4月18日生。
身長164cm、B83cm・W57cm・H80cm。
特技はごん太くんのものまね、柔道、バイク(中型)。
ビデオ「蝶戦士ジェイナ」ヒロイン・風宮翔子役。
★「蝶戦士ジェイナ〜Jソルジャー外伝〜」
監督:酒井良一
製作:スクラム・ヘッド
http://tokyo.cool.ne.jp/shv728/
戻る